ミニレッキスのうさ吉くんと一緒

ミニレッキスのうさ吉と、あさこの記録 (トップ画像は、友達が育てた薔薇をいただき、それが散った時のもの)

今の自分の色が何色か確認できるようにと。

武漢肺炎が流行っているからか日中の電車も空き空き。

街も道路もなかなかなもの。
でも一方でマスクを配っている中○人から、感謝してもらっているお花畑も多い。

すごく喉が渇き、そんな私も久しぶりにココアが飲みたくなり、喫茶店へ。
読書するためにだけ喫茶店に入ることは多い。

そして喫茶店でもものすごく空いているところへ。

自分で作ったアルコールジェル、青ひば、フランキンセンス、シナモンブラントが心地いい。

8F1D0A1D-968B-468F-923D-C32A7CDB64CE

CD08BD75-09D8-48C1-A957-7103EC534CC5


夜明け前に、バッハを弾く。

最近それが私の習慣。

そのあと、結局プーランク。


なるべく人の曲は弾かないようにしているのだけれと。

14D9D2A5-FCD6-4DCB-8D31-F400C393CCF8


うさおは、ダンボールが大好きで、ダンボールを組み立て、一箇所だけ出入り口を作ると

バリバリバリ!と、まず出口を作り、そこからがすごいのだが、決して天井を落とすことなく、四隅を極限の細さまでかじり込み、通気性の良いダンボールハウスを作る。

私は絶対、うさおは昔建築士だったと思っていた。今も。

どういう計算で…。
ちなみに、うさ吉は建築のセンスはなく、ただかじるだけ。というかそもそもダンボールに興味がない。


代々違いを見るのは、何代も動物と暮らす人だけだから。

うさぎ!と聞いて、もふもふの可愛いイメージしか持っていない人もいるが、私は可愛いイメージは全くない(笑)

そういえば、故澁澤龍彦さんのお家に行った時も、
うさぎに続き、柴犬牡丹ちゃん、晩年にぼたんちゃんと一緒に小さいもみじちゃん。
数年後には、もみじちゃんだけなのだけれど、本当に愛らしいのですよね。

龍子さんに写真撮りますよーって、そうしたら、犬ではないような格好で龍子さんに抱っこされて(笑)
秘蔵写真は秘蔵にしておきますけれど(笑)

409129A3-A14A-4763-83A3-843B2779D522


誰にでも可愛く挨拶する、もみじちゃん。

思えば、うちゃは、うさぎだから、いつか夜に夫人と某出版社のNさんと3人で食べながら話している時、私の横にずっとうちゃがいて、なでなでしてたら全く動かなくて一時間以上、話しながら、飲みながら撫で撫で、撫で撫でなんてことあったなあ…。


でもそんな自分も何代もうさぎと暮らすとは思わなかったものねぇ。


うさ吉、長生きしてね❣️


🐇「んー、しかたねぇなぁ」


BEEE6446-F21C-4616-ACEA-48BA2059C335

↑このページのトップヘ